※こちらの記事はに更新しました。

さてタミフルは老人に使用しても問題ないか?という点についてですが調査した結果、結果論としてはタミフルを飲んだ方が死亡リスクが減る可能性があるかと思います

その根拠としてはこちらをご確認ください↓

参考元:http://www.yamaguchi.med.or.jp/g-med/kuga/tamiful.pdf

後々にも書いていますがただ副作用を気にするのであれば飲む必要はありません。
インフルエンザは若くて健康な状態であれば自力で治すことも可能だからです。
しかし老人の方たちは慢性呼吸器疾患又や慢性心疾患、代謝性疾患、腎機能障害など基礎疾患を患っている可能性があるためタミフルを飲まないとインフルエンザの影響から合併症につながるため死亡するリスクが高まる可能性がありますので高齢者の方は早くタミフルを飲んだ方がいいかと思います。

ただし私調べた結果でこのような判断をしているだけなのでこの知識をもとにちゃんとした医師に相談することがベストだと思います。

■タミフルを老人が飲んで死亡するといったことはあるか?

おそらくここが一番気になる点だと思いますが先ほども言ったように老人でインフルエンザに感染した場合に怖いのは基礎疾患による合併症です。

例えばインフルエンザが長く体にいることで呼吸器疾患を患っている場合、喘息・気管支炎・肺炎といったものが悪化し回復に時間がかかる恐れがあります。
つまりもともとの病気が悪化しやすく死に至る原因となります。
なのでインフルエンザを早く治すためにはタミフルは老人にも必要だと言えます。

しかし10代の場合だとタミフルの投与により18万人に1人に死ぬ可能性あります

10代の場合はタミフル18万人に1人に死ぬ可能性ある

ただし10代においては タミフルの服用で18万人に1人に死ぬ可能性あります。

ちなみに2018年に発売されたインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」という薬があるのですがこちらは高齢者の死亡が多く報告されているのでゾフルーザの服用は避けた方がいいかもしれません。

参照元:https://npojip.org/sokuho/191215.html

■タミフルを飲む前に老人にはワクチンを!

65歳以上高齢者の場合 1回の接種で発症を34~55%阻止、死亡を82%阻止するとの研究班の報告があります。

なので老人の方たちはタミフルを飲む以前にまずワクチンで予防をして下さい。

参照元:https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000013nne-att/2r98520000013nz4.pdf

■48~72時間以内に飲まないと死亡のリスクが高まる

インフルエンザの菌が最も活発になるのは48~72時間です。
この時間内に飲めば症状が軽くなり短期間で回復します。

ワンポイントアドバイス!
インフルエンザの初期症状として

■38度以上の急激な高熱
■関節痛、筋肉痛、頭痛、全身倦怠感、食欲不振
■吐き気、下痢

が挙げられます。もしこの症状が現れた場合は病院に行って検査をし陽性であればタミフルが処方されます。

■基本的にタミフルは治療薬ではありません

基本的にタミフルは特効薬と勘違いされていますが治療する薬ではありません。
まずそこを理解して下さい。

タミフルというお薬はあくまで体全身にウィルスの増殖を防ぐ作用にしかすぎません。

よって後は自己治癒力にまかせるしかありません。

自己治癒力を高めるには

  • 自宅で安静してしっかりと寝る
  • 水分補給、ポカリスエットやアクエリアスなど
  • 解熱をする
  • 汗をかいたらすぐに着替える
  • 加湿をして空気中のウィルスを体に入れないようにする
  • タンパク質を取る、卵や豆腐が良い

このようにインフルエンザでは自己治癒力でも治せると言われているので上記のことをやることで治癒していく可能性があります。

■万が一にためにタミフルをネット通販で購入する方法

私は念のために家族用に自分用にネット通販でタミフルを常備しています。
インフルエンザは48~72時間が勝負所なのでもしつらくて病院に行けない場合にタミフルがあれば安心できます

もしタミフルが家になかった場合、合併症などを患って悪化する危険性もあるので本当に念のためにお薬箱にしまっております

とはいえば自分で判断するのは危険性も高いのでまずは病院にいくことをオススメはしたいですね。

■ネット通販でタミフルを購入するならこちら←