先にいっておきたいこと

本来タミフルはインフルエンザの治療薬として処方されるものですが現在新型肺炎の影響からタミフルを個人輸入して備蓄している方がたくさんいます

新型肺炎の症状を抑える薬はいくつか臨床試験によって投与されているのですがそのうちにひとつしてタミフルが挙げられています。

参考元:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-03/Q53J7IDWX2PZ01

なのでこの情報をもとに家に確保されている方がいるのでもしタミフルを買いたいと検討するのであればはやめに購入したほうがいいと思います。

■すぐにネット通販でタミフルを購入するならこちら←
※クリック出来るのであればまだ購入出来ます。

■本題のタミフル75mgの副作用について

一般的な副作用の症状として次が挙げられます

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気
  • 発疹
  • 悪心


参照元:■タミフル75mg副作用の一覧まとめ

もし仮にこのような症状がでたら病院、または薬剤師に相談することをオススメします。

タミフルの服用で注意する人

タミフルの服用で注意する人は腎臓の働きは悪い人です。
本来お薬は服用すること肝臓の働きによって尿中によって排出されます。
しかし腎臓の働きが悪いと薬がいつまでたっても体に残されてるので副作用のリスクが高まります。
なので肝機能の働きが悪い方がお薬の減量や服用量の間隔をあけるなどの工夫が必要です。

タミフル服用での重大な副作用について

これはかなりごくまれなことですが、10代といった若い方異常行動を含む精神神経症状です。
異常行動というのは意識がもうろうとしたり、不安や恐怖心を感じたり、突然窓から飛び降りようとするいった行動です。

過去にインフルに関してテレビを見られている方はご存知の方もいるかと思います。

しかしこの副作用はタミフルを服用していない状態でも起こりえる可能性があるそうです。
38度以上の高熱にうなされると「熱せん妄」という症状が現れるからです。

「熱せん妄」は夢なのか現実なのか幻覚なのかよくはっきりとせず興奮状態に陥りパニック状態になる症状です。

これにより突然外に飛び出したりして死に至る原因もあるようです。

参照元:http://www.hakujyuji.com/tamifuru-SE.htm

なので調べではインフル=異常行動がおこると100%断定できるわけでないということですね。

ただもしそのような症状が出た場合はただちに病院にいくことをオススメします。

■まとめ

タミフルの副作用について書いてきましたがいかがでしょうか?
こちらの記事ではネット上での文献資料を参考にまとめたものなのであくまで参考に程度にみてください。

■ネット通販でタミフルを購入するならこちら←